Go Bodymake

ダイエット・筋トレ初心者、女性向けにボディメイク術を紹介

リバウンドしない!痩せやすい体質、太りにくい体質とは

リバウンドしない痩せやすい体質



今回は痩せやすい体質、太りにくい体質についてお話します。

せっかくボディメイクするならリバウンドしにくい体づくりを目指しましょう。

はじめに

私はフィジークという肉体美を競い合う競技に出場しており、長年ボディメイクを続けています。

大会に出場する際は、体脂肪5%ほどまで絞ります。

ただ、1年中トレーニングと食事制限を続けて減量しているわけではなく、意識的に増量をする期間も設けています。

ここ数年で実感することは、トレーニングを始める前に比べて太りにくい体になっているなということです。

同じ食事をしていても体重の変動に個人差があるのはなぜでしょう。

今回は、決して私のようなコンテストを目指している方ではなく、ダイエット、トレーニング初心者の方向けに痩せやく太りにくい体質について解説していきます。

痩せやすく太りにくい体質とは

早速本題に入ります。

みなさんは普段、自分よりたくさん食べているのにあの人は何で太らないんだろう?と疑問に思ったことはありませんか。

痩せやすさや太りやすさは何に左右されているのかというと、ずばり”基礎代謝”です。

基礎代謝は筋肉量に比例します。

太りにくい体質を目指すためには、筋肉量を極力減らさずに余分な脂肪のみを落とすことが大切です。

この記事を見ている方は、ダイエットのために何らかの運動や食事制限をされている方、もしくはこれからやろうと思っている方が多いかと思います。

ダイエットをする上で代謝を意識することで、その後のリバウンドしにくさが変わってきます。

せっかく体重が落ちたり、理想の体に近づいても、すぐに元通りになってしまっては今までの努力は無駄になりますし、またダイエットを繰り返すことになります。

 

ダイエットの基本

基本的なダイエット=体重が落ちる仕組みを整理します。

体重が増える原因は、オーバーカロリーです。

オーバーカロリーとは、消費カロリーを摂取カロリーが上回ることです。

反対に体重を落とすためには、消費カロリーを増やして、摂取カロリーを抑えることが必要となります。

つまり、ダイエットは大きく二つの方法に分類できます。

1つ目は、摂取カロリーを抑えることです。

食事制限によって、カロリーを抑えることで体重は減ります。

ただ、無理な食事制限は継続することが難しいですし、ストレスも多くリバウンドにも繋がります。

栄養の知識もなく食事制限のみでダイエットを進めた場合、多くの方は筋肉量も落ちてしまい代謝が下がりリバウンドしやすい体になってしまいます。

食事の管理は大切ですが、継続できる範囲で行い、やりすぎには注意しましょう。

2つ目は、消費カロリーを増やすことです。

簡単に言うと、運動量を増やすことです。

運動量を増やすことで消費カロリーは増やせますが、同じ運動をしても消費するカロリーには個人差があります。

この個人差が基礎代謝の違いです。

食事制限によりダイエットを進める場合、多くの人は筋肉も同じく減らすこととなり、代謝が下がり、さらに体重を落とすためには、食事量を減らすという負の連鎖になります。

一方、消費カロリーを増やす=運動量を増やすことで筋肉量を維持、もしくは増やすことができるのでより痩せやすい、太りにくい体を作ることができます。

もちろん、効果的に痩せるためには、食事制限×運動を意識します。

■食事制限については以下の記事を参考にしてみてください。

 

基礎代謝について

基礎代謝とは、生命維持のために消費する必要最小限のエネルギーのことです。

安静にしている状態や睡眠時にも、内臓を動かしたり体温を維持したりするために消費されます。

先ほども述べたように、基礎代謝は筋肉量に比例して増減します。

同じ体重であった場合でも、筋肉量が多い方が基礎代謝量は多くなります。

運動により筋肉量を増やすことで、同じ生活をしていても筋肉量が少なかった時よりもエネルギー量が増え、痩せやすく太りにくい体質へと変化していきます。

代謝を高めることを目的とする場合、筋肉量の大きい部位を鍛えることをお勧めします。

筋肉量が大きく自宅でも簡単にトレーニングできる部位は、太もも、お尻です。

トレーニング例:太もも→スクワット お尻→ヒップトラスト

これからダイエットを始める方は、ぜひ日々の習慣に取り入れてください。

1日10分でも毎日続ければ大きな成果を生み出せます。 

まとめ

痩せやすい体質、太りにくい体質になるには、筋肉を維持しながら減量を進めることが大切です。

初心者の方や運動する時間が限られている方は、大きい筋肉かつ鍛えやすい部位から鍛えることをおすすめします。

適度な運動や健康的な食事を習慣化できるまでは大変ですが、だれもが初めは少し無理をしながら、我慢をしながらダイエットを始めるものです。

運動経験のない方からすると、運動を続けることは習慣づくまで大変かもしれません。

長期的な目標を持って継続した努力ができれば必ず結果はついてきます。

ぜひストレスのない範囲で運動も取り入れたダイエットを進めていってください。

食事制限だけで痩せようと思い食べないダイエットは、確実にリバウンドするだけでなく、元の体質より太りやすい体になってしまいます。

代謝を下げるようなダイエットは、結果として食べる量を日に日に減らしていかないと維持できません。

食事管理はもちろん大切ですが、運動を中心としたダイエットを進めることで、痩せやすい体、太りにくい体をGETしましょう!